こだわり

”うふ”は3つの”うふ”でできています。

たまごで”うふ”

卵は、ケーキをつくる上で欠かせない大事な食材。スポンジやカスタードクリーム、クッキー生地にババロア・・・どれをとっても卵が無いと始まりません。お菓子づくりの要である「卵」こそ、美味しくて安全なものにこだわりたいと《OEUF(うふ)》は考えました。

 

「OEUF(うふ)」で使用している鶏卵は栃木県産ブランド『御養卵(ごようらん)』。甘みが強く、味が濃厚でコシの強い卵なので、《ふわふわ》だけでなくボリューム感を持たせたスポンジに仕上げることができます。また、あざやかなオレンジ色をした黄身が特徴の一つで、当店のスポンジもオレンジがかった色をしていて、食欲をそそります。また、生産元が明確であるため,自信を持って安全な商品を安心してご提供できております。

 

店名の「OEUF(うふ)」とは、フランス語で「卵」の意味。私たちパティシエは、毎日卵を割ることから、ケーキ作りが始まります。日々、いつもそばにありながら無くてはならない大切な食材である「卵」への愛情とこだわりの思いを店名とロゴマークにこめました。店のシンボルカラーの黄色やオレンジも、「卵」をイメージしています。

 

たまごで”うふっ”となれる、そんな美味しいお菓子をつくっていきたいと思います。

 

ふうふで“うふ”

私たち小川正志.京子は2003年4月に縁あってここ東京・住吉の地にパティスリー「手作り菓子工房 OEUF(うふ)」をオープンさせました。

 

地下鉄半蔵門線住吉駅の出口を出るとすぐに見えるオレンジ色のひさしとたまご色の壁が当店です。当初は二人だけという事もあり店構えは小さいですが、今後の目標として、ホテルでの料理経験もある主人の腕を生かし、カフェを併設した店舗を夫婦二人三脚で目指しています。

 

地元の方に”うふっ”と愛されるような店を目指していきたいと思います。

 

うふで“うふふ”

おいしいものを食べると思わず「うふっ」て微笑んでしまいませんか。「OEUF(うふ)」のお菓子を食べて、思わず「うふっ」って微笑んじゃうような、そんな幸せな気分になっていただけたら…。

 

実は店名の「OEUF(うふ)」は、そんな願いもこめてつけさせていただきました。

 

「OEUF(うふ)」は、お客様が「うふふ」な気分になれる様々なご提案をご準備しています。ケーキ屋さんといえばお誕生日ケーキ。お客様のご希望のキャラクターや手書きのイラスト、お子様の年齢の数字をかたどったデコレーションなど、オリジナルのお誕生日ケーキのデザイン・製作を承っております。お客様からは大変ご好評をいただいているサービスで、大切な記念日・お誕生日にぜひご利用していただければ幸いです。

 

また、小さいお子様連れや車椅子の方でもお気軽に来店できるよう、ささやかながら入り口にスロープをつけさせていただいています。他に、卵、乳製品、小麦粉など一部のアレルギーに対応したバースデーケーキも製作しております。予約が必要となりますので、まずは電話にてお問い合わせ下さい。

 

※ただし、基本的には単独アレルゲン抜きのケーキのご注文を承っていますので、複重アレルゲン(卵と牛乳、牛乳と小麦粉など)の場合、対応しかねますのでご了承ください。

 

「OEUF(うふ)」で、みんなが少しでも”うふっ”と思えるようなぬくもりあるお店とお菓子づくりをしていきたいと思います。

 
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

が定休日です

友だち追加数

新商品やご注文のケーキなど、うふの今をお伝えしています。